スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
山梨で買ったラー油
昨日の日記でしばらくの間に購入し、気になったラー油があると書かせていただいたが、以下の写真のラー油である。

山梨のラー油

山梨のほうとうをたべたお店のお土産コーナーで気になって購入したのだが、最初はあまり期待していなかった。
ただ、原材料の部分をみて「コーンフレーク」と書かれているところに注目。
これがあるのかないのかで僕の評価は大いに変わっていたのだと思う。

このラー油、味はどうだったかというと

美味いのである。

この見かけから想像する事ができるだろうか。おそらく僕なら無理だ。
どう考えても、このラベルでお土産コーナーに売っていたという前提であれば、
どれだけ想像したって三流の味にしかならない。いや、だって、まずいっしょこれ。

ところが、この予想は大きく裏切られた結果になった。まさに、百聞は一見にしかずである。

まず、やはり大きいのは原材料「コーンフレーク」の存在だ。
この原材料の存在がなければ、ここまでのレビューを書く気にはならなかったというものだ。
サクサクというよりも、ザクザクとした食感。といったほうがよいだろうか。
本当に「食べている感」がするのである。まさにたべるラー油だ。
この「ザクザク」が香ばしく、中のガーリックと良い相乗効果を生み出している。

辛さはそれほど無く(といっても辛いが)、味はボディがしっかりしている印象だ。
唐辛子の風味も殺してはいない。

僕はこの食感が好きで、かなり色々なものに入れて試したが、意外とレシピを選ばないのが気に入っている。
一番おいしかったのは豆腐にかけてそのままいただく食べ方。
豆腐のアッサリした感覚と、ラー油のこってりした感覚が絶妙にマッチし、味も濃すぎないので豆腐そのものの味が生きつつも、ラー油の香りと塩気がしっかりと味わえるのだ。

豆腐は基本的にはすべての食べるラー油に使用できる万能食材ではあるが、このラー油は特に豆腐との相性がいいように思える。(ラユーンがトーストと抜群の相性だったように。)

久々にうれしいあたりくじを引いた気分。ただ、このラー油。商品名が商品なだけに、なかなか探しづらいのが欠点。もうちょっとわかりやすいタイトルにしてほしいものだ。



ラー油ブームもひと段落というところだろうだが、食べるラー油もマヨネーズと同じように
食卓に必須の存在になることはできるのだろうか。僕は是非、ラー油(と、その他調味料)を応援していきたい。
脇役は、脇役なりの意地があるのだと思うから。


そういえば桃ラー、復活していますね。

テーマ:ラー油 - ジャンル:グルメ

【2011/01/05 00:26 】 | ラー油 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
あけおめことよらー油
タイトルに深い意味はないですが

このブログも更新しなくなってかなり日がたってしまいましたが
新年を機に、ちゃんと毎日更新していきたいと思っております(たぶん。


さて、最近のラー油生活ですが、すっかり去年のラー油が賞味期限をそろそろ迎えると合って
どのラー油をどういうように消化すればいいかを常に悩んでおります。

そんななか最近、お?と思うラー油と出会えましたが、そのレビューはまた後日。


実はブログを更新していない間、おいしいラー油に何回かヒットしているので、年明けはそのあたりを
つらつらと書いていけたらと思う。

とりあえず本日は、あけましておめでとうございまらー油ということで、新年の挨拶まで。

今年は当ブログとしても、色々面白いことを追求していきたい所存だ。

テーマ:ラー油 - ジャンル:グルメ

【2011/01/04 02:12 】 | ラー油 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
生七味を食す。
ラー油blogとして一部界隈を一瞬だけにぎわせた感があったかもしれない当ブログであるが、とうとう管理人は生七味を手に入れた。
ラー油の次はこれが来る!と言われて久しい生七味。そこまでのブームにはなりえないだろうなぁ、と思いつつも、とりあえず一度は試してみないとね。という事で買ってみたのがこちらの生七味である。

生七味
食べる生七味。

さて、では肝心の味はどのようになっていたか。

まず一口食べてみて分かるが、それほど辛くは無いという事だ。さわやかなゆずの香りが広がり
そのあとにほんの少しの酸味と共にピリリ!とした辛さが追いかけてくる。
このピリリ!という表現が一番しっくりくると思うのだが辛い!というような辛さでもなく、食べた後に口内に不快感が残るような辛さでもない。意外とさわやかな味付けである。
自分で食べた方法としては
 
1.ご飯で食べる。
2.漬物に付けてみる。
3.味噌汁に入れてみる
4.豆腐と食べる。

等を試してみたが、まず感想としてはこれはどちらかと言うと薬味の部類に入るのでは?
という印象だ。
もちろんご飯で食べてみても美味しかったのだが、全体的な印象として
ゆず胡椒に近いようなイメージがある。

おそらく鍋物には抜群に合うだろうし、温かいうどんなんかにもいいのではないだろうか?
ただ、食感の問題も(本品はペースト状。)あるかもしれないが食べるラー油のような
「今、食べております。」といったような感触は無いので、おかずとしてはどうか、と思う。

とはいえ美味しくない!というわけでもなく、これは好きな人は結構はまるかもしれない。という印象は受けた。
実際自分もたまにこの生七味を食べたくなる瞬間があるので、もしかしたら少し中毒性もあるのかも知れない。

但し味付けが味付けなだけに、割とあっさりとした食べ物、もしくは和風系の料理で無いと味のバランスがおかしくなると思うので、間違ってもステーキやハンバーグといった食べ物に使った利しない事をお勧めする。

いや、意外と使ってみたら美味しいのかもしれないけどね・・・

テーマ:ラー油 - ジャンル:グルメ

【2010/10/04 13:33 】 | ラー油 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
アキバBlogさんに補足されました。
出来るだけ時間をおいて更新しようと思っていたので、遅くなりましたがアキバblogさんに俺の桃ラーが取り上げられていました。

http://blog.livedoor.jp/geek/archives/51073893.html

嬉しい事です。
各所で通販も行っているらしいので是非お買い求めください。

さて、ラー油食品が最近幅を聞かせはじめまして、以前のラーカツやラーガーといった商品以外に
コンビニなんかでも色々なラー油系商品が出始めているようです。

サークルKサンクスではラー油まんを販売。
http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C9381949EE3E4E2E4EB8DE3E4E2EBE0E2E3E2E2E2E2E2E2E2

ミニストップではラー油DOG
http://www.ministop.co.jp/menu2/

ファミリーマートではラー油おむすび
http://www.family.co.jp/goods/omusubi/hc0g74000002e3gd.html

セブンイレブンではこんなこともありましたね。
http://www.narinari.com/Nd/20100713833.html

ポプラでは地域限定で
http://www.poplar-cvs.co.jp/product/chushikoku/detail/20100830_4587.html


色々なラー油製品が開発されております。
うまくいけばマヨネーズに続き、定番調味料として具入りラー油が食卓を彩ることもあるかもしれません。
一過性のブームで終わらず、色々な料理に仕える万能調味料として定着することを切に願います。

ところで、ラー油に続くブームとしてじわじわきている(らしい)生七味があるのですが、これも今度一回試してみようかなーと考えておりますが、皆さんもう食べられました???

テーマ:ラー油 - ジャンル:グルメ

【2010/09/17 13:35 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
俺の桃ラー
不定期更新で申し訳ないこのブログではありますが、なんと私、先日コミティアにおいて同人デビューを致しました。

その本がこちら。

http://www.k3.dion.ne.jp/~zanzo/momora.html

主にコラムとラー油協力ということで素材の提供をさせていただいております。
アニメ、ネット、文庫等、各界隈で活躍中のイラストレーター様達と一緒に一つの作品を作れたのは光栄です。

だが僕は、この記事を書いた後に一つ後悔したことがあるのだ・・・それは

http://www.kinya.co.jp/cgi-bin/shopping/tmcom4cart1-kinya.cgi?mode=disp2&kdata1=10004053&kdata3=2008072509330212899

この深谷ねぎラー油にあってしまったことだった・・・

このラー油は久しぶりの衝撃を僕に与えてくれた。それは何か。

「こんなに米に合うなんて・・・!」


まさかの出来ごとだった。僕にとって米にあうラー油は、やはり桃屋のラー油が一番だったからである。
それが、まさに覆らんとしていた。これはうまい!

ラー油仲間にも今は一番お勧めしている。桃ラーが手に入らないかもしれないが、この深ラーはまだ頑張れば手に入れることができる。
そして、味だ。
やはり全てはここに尽きるのだが、このネギとの絶妙なコンビネーションが食欲をそそる。

是非、ラー油好きには試してもらいたい。おにぎりなんかにすると、より一層美味しく食べられるのではないか?と思う。

テーマ:ラー油 - ジャンル:グルメ

【2010/09/03 12:20 】 | ラー油 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。