スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
具入りラー油頂上決定戦
具入りラー油と言えば桃屋のラー油。

というのは最近桃屋のラー油が売れすぎたが故の御認識だ。と僕は言いたい。

そんなわけで自分的具入りラー油頂上決定戦を開催したいと思う。
(いろんな具入りラー油があることを知ってね!!)


菜館wong
菜館wongの具入りラー油

これは知る人ぞ知る、京都は太秦撮影所の近くにある中華料理屋、菜館wongでしか手に入れることができない(通販していない)幻と呼ばれた具入りラー油。


桃ラーのモデルになったとも一部では噂されているそのラー油の味は、ラー油的な辛みの中にも、大いなる旨みを感じることができる。
具は桃屋のラー油に比べて細かく裁断されており、ジャキジャキとした食感がポイント。

店頭では500円程度で売られているが、実際に京都まで足を運ばないと買えない、というのがミソである。

場所柄芸能人の愛好者も多く、仲間由紀恵がSMAPSMAPで紹介したとかなんとか。

オークラー油
ホテルオークラのラー油

またも関西。京都ホテルオークラ桃李で販売されていたラー油。
先月、2010/3~ホテルオークラ東京でも店頭で販売が開始された。

桃ラー人気もあってか、京都オークラの通販は現在約1カ月待ちという大人気である。

味は非常にマイルドで辛みはあまりなく、どちらかというと洋風な味付けでコンソメ的な味がありつつ
ステーキやハンバーグといった料理にも合いそうなラー油である。
大根おろしなんかとあえて食べると美味しいんじゃなかろうか、今度やってみよう。

リキンキ
一般に量販している李錦記の具入りラー油

前の二つは地方限定品ということで、一般に量販されているラー油も一つ。

この李錦記のラー油はどろっとしたラー油で、具入りラー油とも少し違う。
どちらかというと味噌的な感覚のラー油で、しかもこのラー油はラー油らしからぬ辛さが特徴。
実際にスプーンにすくって食べてみると辛みが強く、しかしその辛みの中にちゃんとした香ばしさや
しっかりとした味も付いているのが特徴。
ややマイルドな味の料理を、ビシっと辛みで占める際には良いかもしれない。
先日納豆で試してみたが、納豆の味が辛みのある、ぴしっと引き立てられた味に感じられた。

とりあえず今回は以上の三品。

この中でのお勧めはやはりホテルオークラのラー油だろうか。

以前にラー油愛好家が集まり某所にて開かれるラー油会の試食の時、具入りラー油の中でも
かなり好評だったのがオークラのラー油だ。

理由としては「オールマイティー」これに尽きるのではないだろうか。
中華にも、洋食にも、使い方によっては和食にも使えること間違いなし。

是非オークラー油、試してみてはいかがだろう。

-----

ニコニコ動画にラー油会というコミュニティを作っております。
たまに放送等をしたりします。

http://com.nicovideo.jp/community/co289094
スポンサーサイト

テーマ:ラー油 - ジャンル:グルメ

【2010/04/13 17:03 】 | ラー油 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<具入りラー油頂上決定戦2 | ホーム | おかずラー油という挑戦>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://usaku.blog64.fc2.com/tb.php/8-1aa04c4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。