スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
山梨で買ったラー油
昨日の日記でしばらくの間に購入し、気になったラー油があると書かせていただいたが、以下の写真のラー油である。

山梨のラー油

山梨のほうとうをたべたお店のお土産コーナーで気になって購入したのだが、最初はあまり期待していなかった。
ただ、原材料の部分をみて「コーンフレーク」と書かれているところに注目。
これがあるのかないのかで僕の評価は大いに変わっていたのだと思う。

このラー油、味はどうだったかというと

美味いのである。

この見かけから想像する事ができるだろうか。おそらく僕なら無理だ。
どう考えても、このラベルでお土産コーナーに売っていたという前提であれば、
どれだけ想像したって三流の味にしかならない。いや、だって、まずいっしょこれ。

ところが、この予想は大きく裏切られた結果になった。まさに、百聞は一見にしかずである。

まず、やはり大きいのは原材料「コーンフレーク」の存在だ。
この原材料の存在がなければ、ここまでのレビューを書く気にはならなかったというものだ。
サクサクというよりも、ザクザクとした食感。といったほうがよいだろうか。
本当に「食べている感」がするのである。まさにたべるラー油だ。
この「ザクザク」が香ばしく、中のガーリックと良い相乗効果を生み出している。

辛さはそれほど無く(といっても辛いが)、味はボディがしっかりしている印象だ。
唐辛子の風味も殺してはいない。

僕はこの食感が好きで、かなり色々なものに入れて試したが、意外とレシピを選ばないのが気に入っている。
一番おいしかったのは豆腐にかけてそのままいただく食べ方。
豆腐のアッサリした感覚と、ラー油のこってりした感覚が絶妙にマッチし、味も濃すぎないので豆腐そのものの味が生きつつも、ラー油の香りと塩気がしっかりと味わえるのだ。

豆腐は基本的にはすべての食べるラー油に使用できる万能食材ではあるが、このラー油は特に豆腐との相性がいいように思える。(ラユーンがトーストと抜群の相性だったように。)

久々にうれしいあたりくじを引いた気分。ただ、このラー油。商品名が商品なだけに、なかなか探しづらいのが欠点。もうちょっとわかりやすいタイトルにしてほしいものだ。



ラー油ブームもひと段落というところだろうだが、食べるラー油もマヨネーズと同じように
食卓に必須の存在になることはできるのだろうか。僕は是非、ラー油(と、その他調味料)を応援していきたい。
脇役は、脇役なりの意地があるのだと思うから。


そういえば桃ラー、復活していますね。
スポンサーサイト

テーマ:ラー油 - ジャンル:グルメ

【2011/01/05 00:26 】 | ラー油 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<新年第二のオススメラー油 | ホーム | あけおめことよらー油>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://usaku.blog64.fc2.com/tb.php/20-fd6db0b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。