スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
具入りラー油頂上決定戦3
先日また我がラー油蔵庫にひとつの具入りラー油が届いた。

これがなかなかに味がよく、それはまさにホテルオークラのあのラー油に大変似ていて
ホテルオークラのラー油が手に入らなくなっている今、私はこちらのラー油をオススメする。
その名も

ジローのラー油
ジローのラー油

ジローといっても化学調味料タップリラーメンのことではない。
三田次郎が一番うまい。

それはさておきこちらのジローのラー油、本当に味がオークラのそれと似ている。
こちらは洋食屋が作ったラー油ということで、その中身もチキンブイヨンなどの洋風味付けとなっており
ステーキ、ハンバーグなどのソースとしてもお使いいただけることと思う。


そして次は辛さがありつつも旨みとの強調が成功しているラー油

舞妓はんひーひー
舞妓はんひぃ~ひぃ~ラー油

こちらは、都内某所で行われるラー油愛好家が集まるラー油会直前に手に入れた代物であり
ラー油会まで私も試食はしていなかったのだが、試食会のときに食べて以来、自分の中では具入りラー油TOP3の中に入る一品として不動の地位を確立した。

京都にある世界一からい一味・七味を販売する「おちゃのこさいさい」の一味・七味である舞妓はんひぃ~ひぃ~。その舞妓はんひぃ~ひぃ~を使用したラー油がこちらの舞妓はんひぃ~ひぃ~ラー油である。

本当に舞妓はんがひぃ~ひぃ~言うかは別として、所持している具入りラー油の中の辛さはTOPクラス。
具入りラー油というと、その具の効果もあいまって辛さが若干弱くなってしまうが、こちらはそんなこと関係なしに絡みが強く、唾液がよく出る商品だ。

辛さと旨みが同居した本商品、具入りラー油が1週間から3ヶ月待ち、と大幅に販売が遅れいる中、唯一そういう遅れもおきていないようなので、ぜひ一度賞味してほしい。具入りラー油の新たなる魅力にきっと驚いてしまうはずだ。

続いてはさらに辛さが強い一般流通商品

具たっぷり入り ぜいたくラー油
youkiの具たっぷり入り ぜいたくラー油

ドンキホーテなどで在庫がなくなった場合においてあることも多い商品。
その辛さは下がひりひりするほどに辛く、酸味が強い商品で、これはスキキライがはっきり分かれる一品である。

実際にラー油会のとき、これは本当に好む人間と好まざる人間とで二つに割れた。
好む人間は好み、きついという人は本当にきつそうであった。

ソレくらいインパクトは強いといってもいいだろう。
干しえびの香りは大変強く、えび油といってもいいのではないかと思ってしまうほどだ。

中華料理には絶大な相性のよさが期待できそうだ。


そして自称ラー油評論家として私が最もオススメする逸品。こちらはすでに話題となり始めており、早めの購入をオススメする。
数ある具材入りラー油の中から、食感、辛味、料理との相性を考え抜き色々な料理へ幅広く使えて、かつ素材の旨みを殺さないという評価をたたき出したのがこちら。


ラユーン
RAYOON

カリカリとした食感、中の具材の大きさ、ラー油としての完成度、そしてなによりもその味と辛味のバランス。
それらを兼ね備え、他の具入りラー油と比較して幅広い料理レシピに使えそうでいながら、ソレそのものを食べるだけもおいしくいただける。理想系のラー油である。

HPによると、更なる味の進化をし続けるラー油とのことで、これよりいったいどのように味が変化していくのかの楽しみもある。

まずオススメの調味法として、焼いたパンの上にこのラユーンをバターのように塗り食す。
これだけ。

ぜひ試してみてほしい。ガーリックトーストを超えるおいしさと、病み付きになるその味わいにリピーターとして自ら調理すること間違いなしだ。
ジャンクフードの歴史がこれにより変わっていったとしてもなんら他言はない。
それほどにシンプルでかつおいしくいただける逸品である。

芸能人の愛好家も多いらしく中条きよしをはじめ、亀田さん兄弟の次男の人等にも愛用されている。
TV番組の「DON!」にも取り上げられたりなど、今まさに話題沸騰のラー油なのだ。

いつの間にか話題となってしまい、個人的には少々悲しみもあるのだが、ラユーンには一層の味の研究を持ってわれわれ消費者に、具入りラー油の何たるかを教授してほしいと、切に願う今日この頃である。

スポンサーサイト

テーマ:ラー油 - ジャンル:グルメ

【2010/05/06 20:39 】 | ラー油 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。